競馬総論

競馬ブログです。不定期掲載

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
久振りである

道重さゆみの卒業コンサートをみて 心震える

愛と努力で掴んだ アイドル道

そこには 確かに 愛はありました ほんと 素晴らしいほど咲き乱れておりました


翻って はて 自分が20年もやってきた 競馬

これに対して 愛は あるのか? 本物か?っと

自分が競馬で震えたことがあったが それはもう10年以上前の話
トウカイテイオー、マヤノトップガン、ヒシミラクル


ただ毎週ではないけど 競馬やってるので 好き以上のものだろうと思います

玄人だと思っています さて 語れるのか 競馬愛を語れるのかと自問自答

馬券? 負けばかりでつまらないから でも 長い年月やってきたから

馬券を通して 人生でも語ってみようか? 

それも面白いな 

コツコツ やろう ルーチン大賛成 

なんか前向きな記事で終わった 
スポンサーサイト
Trackback [x]
Comment:1
 
元競馬研究のトラックマンだった及川 勉さんが亡くなっていたのを最近知りました

2012年2月15日 とのことで・・・ 二年前 お恥ずかしい

名前聞かないなぁとか のんびり構えていたら 亡くなられていたのか



中央競馬ワイド中継のパドック解説には本当にお世話になりました
状態の悪い馬は 悪いと言う プロの仕事をなさっておりました
多少 自分の相馬眼を上がってると思っています


二年前のこと今書くなっという感じですが 
ご冥福をお祈り申し上げます



Trackback [x]
Comment:0
 
丁度良いタイミングだったので
中央競馬の馬券は今後買わないことにしました
理由は降着基準の新ルールの運用方法です

競馬ブックさんのサイトに詳しい解説があります
『カテゴリー1への移行~降着・失格のルールが変わる』

AJCCの2着馬トランスワープは進路塞がれて、一度手綱引いてスピードダウンしてますから
もちろん加害馬はグイグイ加速中です
なぜ2着馬は前を塞がれたか 脚色がほとんど一緒だったからです
引き離すほどの脚色があれば ぶつかることはないですよね(自分も今気づきました)
先にポジとったほうが強い馬だからいい という考え方には納得がいきません
今回は外から被せてますからね 悪質だと思います

降着基準は
「不利がなければ加害馬より先へ行ったと明らかに認められる場合」です
これが癖もので、明らかに認められる場合なんてほとんどないんですよ
しかもその判断を下すのは JRAの裁定委員(?)なんでそのレベルが問われます

馬事総論さんのサイトでこんな話を見つけました
JRAが失格・降着について新ルール制定!・・・ところでこれって話のすり替えでは?

JRA側は審判したくないのだと思ったのが素直な感想です


本来もう少し推移を見守らないといけませんが
カテゴリー1にしてからまたカテゴリー2に戻すという作業を
JRAがするとは思えません
何か大きな間違いを犯してからでないと 何も変わらないと思います


ちょっと気になったのは このルール運用って騎手の罰則が強化されていたり
一応フェアプレイというか 性善説が前提なんですが
GⅠとか高賞金がかかってるレースで腕のある奴(もしくは有力者)はやるんじゃないかな
っとも思っています
現状ペナルティが騎乗停止だけですし 厩舎や馬主までは制裁はないはずです 
有力馬の前塞げる能力のある騎手なら やるでしょ
裁定委員が素人であれば 見抜くことは困難なはず
勝負の掛かった世界は 基本なんでもありです ルールもなんでもありだったら困ります

少し 穿った見方ですがこんなところですかね

今後は交流重賞でも細々買って暮らしていきます


では 良い 競馬ライフを!







Trackback [x]
Comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。